テレセ

オナ友募集サイトランキング
ある時、知らない番号から電話かかってきたんだよね。
それで何となく出ちゃったの。もしかしたら元カノかも?なんて期待もあったし。
そしたら、それ、テレセのお誘いだったんだよね。
最初は、その子も俺の知り合いみたいなフリして会話に誘導してて。俺も「誰?」なんて問い詰めると、失礼かなって思って、適当に会話合わせてたんだよね。
「覚えてる~?」「私、ほら、ちょっと前に番号交換したでしょ?」って言われても、まったく心当たりがなくて。
誰だ誰だ?って頭の中ぐるぐるめぐらせたけど、まったく覚えがなかった・笑
「今ねぇ。エッチな気持ちになってたの。それで君のこと思いだして・・・電話かけちゃった」
「今、実は下着だけなの。もう下半身大洪水なんだ」
いや、ぐいぐいくるから、何かのイタズラとか釣りとか、ドッキリとか、そういうのかと思っちゃった。
このテレセの誘いに乗っていいのか、ダメなのか、判断つかなくてさ。
電話切っても良かったんだけど、謎な女でしょ?番号どこで知ったのかも気になるし。
とにかく探り入れないとって思ってさ。
「どこで会ったんだっけ?」「名前なんだっけ」、「っていうか、俺の名前覚えてる?」とか、とにかく色々質問してみて確信したよ。
この女、未知の女だということに。
「番号適当に押したでしょ?たまたま俺にかかっちゃっただけでしょ?」ってからかったら、「まぁ、そうなんだけどー」って渋々認めてた・笑
今時こんなアナログな方法でテレセのお誘い受けるとは思ってなかったよ。
まだいるんだね。性欲まき散らす系の女・笑
オナニー鑑賞
オナ指示

露出願望

オナ友募集サイトランキング
昔から露出願望がありました。前まではネットの動画で露出願望を抑えていました。しかし、段々露出願望が抑えきれず私は遂に夜の公園で決行してしまいました。明かりがついていない所で、下半身を露出しようと思いました。場所は人通りがあまり少ない公園ということもあって、私が露出しても気づく人もいませんでした。とても興奮しました。露出しているときの私のアソコはずっと勃っていました。しかし、その露出もだんだん飽きてしまい、もう少しスリルが欲しいと思ってきた私は場所を移動しようと思いました。その場所は映画館。座る位置は一番端っこ。さすがにズボンを脱ぐ事は出来なかったので、チャックを下げてそこからアソコを露出するくらいでした。多分隣の人には絶対気づかれない。そんな自身もありました。

しかし、映画終わりチャックを閉めようとした瞬間私の手を隣に座っていた女性が触りました。「変態。」その言葉に私は一気に血の気が引いてしまい急いでその場所を後にしようとしましたが、映画館を出てからも女性は私についてきて呼び止められました。「いきなり変態って言ってビビっちゃった。ごめんね。私も変態だから。」そう言うと彼女の服の上から乳首が見えました。「見えた。私も露出が好きでついついこういう事をしちゃうの。あなたも露出好きでしょう。一緒に楽しもうよ。」それからの私は彼女と一緒に露出を楽しむことにしました。しかし、夜の公園でだだ露出するだけでは物足りなく、そこでHをした私達でした。
覗き見
窃視症

オナ指示

オナ友募集サイトランキング
スカイプでオナ指示出すみたいな感じで、面識ない人と通話したんだけどさ、あっちの人のネットの接続状況があんまり良くなかったみたいで、会話が途切れることがあったのね。
声が割れちゃってよく聞こえなかったりもしたし。
で、おかしかったのは、「普段どんなオナニーするの?」って聞いたのに、その子、「普段どんなオナラするの?」って聞こえちゃったらしく・・・。
「え、フツーにプッて」
プってオナニーってどんなオナニーだよ?って思って「プッってどんな感じ?」って聞き直したら、「なんでオナラのことまで言わなきゃいけないの~?」って急にテレだして。
それで、あ、オナニーとオナラ、間違えてやがるって気付いたの。
っていうか、常識的に考えて、オナ指示ってことで通話してるのに、オナラのことなんかきかねーし。興味もねーし!
雨降ってたからなのか知らないけど、本当に接続悪くてさ。途中でザーって砂嵐みたいな音が出始めたからね。
今時、こんなに接続悪いのって珍しいよね。
わざとかなってちょっと思ったもん。
オナ指示の途中で接続切られたし。
まぁ、縁がなかったってことで、こんなことでいちいち凹んだりはしないけどね。
だけど、オナ指示ってだけのつながりでも、やっぱり、意思の疎通ができないほど接続悪いと、相手が悪いわけじゃないんだけどさ、印象悪いよね。
もしかしたら、すごくいい人なのかもしれないけど、接続が悪いってだけで興味沸かなくなっちゃう。
こういうのって別のケースでもあるよね。いい奴なんだけど、いつも金がないってだけで倦厭しちゃったりさ。
お金くれる人
お金くれるパパ

パトロン募集

パパ活サイトランキング
優等生を演じるのが疲れました。親に褒められたいから勉強も頑張って良い大学に行きました。友達に好かれたいから出来るだけ友達の誘いに付き合ったりしました。彼氏に好かれたいから勉強も頑張りつつ彼氏のために誕生日や、バレンタインのイベントで喜んでくれるプレゼントを用意したりと人に好かれるために頑張っていた私。でもそんな自分にもう疲れました。

だから、裏で私はパトロン募集をしていました。アプリを利用してパトロン募集をしていることもあってすぐにパトロンを見つけることが出来ました。会う場所は自宅から1時間離れたところ。そこなら知り合いに会うことはないから。そして、そこでいつも着ない服や、派手なメイクをしてパトロンに会いました。「初めましてサクラさんだよね。」「はい。」私はパトロンとのデートを楽しみました。大人のデートという事もあって少し新鮮でした。いつもと違う自分を出せる事も嬉しいし、お金も手に入るし、パトロン募集してよかったなと感じました。「サクラちゃん、本当に可愛いね。他に私みたいな人とかいないの。」「いないよ。それにパトロン自体作った事ないから。」「じゃぁ、私以外は作らないでよ。」「はい。」その後、食事をして今日はこれで終わりました。家に戻る前にまた普段の私に戻るため服もメイクも戻しました。自宅に帰ると母がいました。「おかえり、友達と勉強はかどったの。」「うん。また勉強会開こうって話になった。」「それは良かったわね。」この刺激が癖になりそうです。
パパ募集
パパ募集