スマとも

セフレアプリRANKING
出会いがなくてスマともを利用しました。まさかこんなことが起こるとは思いもしませんでした。高校生の頃、彼氏がいました。しかし、彼氏がいてもほかの人から告白されたりとモテモテな学生生活を送っていましたが、社会人にもなって出会いがなく、友達作り運が良ければ彼氏ができたらなと思っていました。そこでスマともを利用して近所にする司くんとメールするようになりました。お互い写メを交換して見た目的にな私は好きなタイプでした。メールしてても問いかけや、面白い返事がきたりと司くんのメールが届くことがとても楽しみになっていました。スマともを始めて2週間くらいで司くんと会うことになりました。

「やっぱり、伊藤さんだ。」待ち合わせ場所で待っていると後ろから私の苗字で呼ぶ人がいました。振り向くと司くんでした。「司くんだよね。何故私の苗字知っているの。私教えたかな。」「やはり、高校の時メガネで背も小さかったから気づいていないかな。俺、斎藤司。伊藤さんと高校1.2年時同じクラスだった司だよ。」「本当に。気づかなかった。」今の司さんくんはコンタクトで背も高く、高校の頃の面影がほとんどありませんでした。「こんな俺だけど、このあと食事に行く。」「行くよ。懐かしい。」私たちは場所を移動しました。その時も昔話に盛り上がり終始あっという間に時間が経ちました。

解散したあと司さんくんからメールが届きました。「久しぶりに会えて楽しかった。また遊んでくれますか。」「もちろん。」その後私たちは付き合うことになりました。
ライン
ライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です