クリ開発

おすすめサイトBEST5
彼女のクリ開発をしてから、連続イキするようになりましたね。いや、彼女ではなく僕が(笑)
こんなこと言ったら怒られますが、僕たちは世の中のイケメンと美女が次々とデキていって、余りもの同士が仕方なく結ばれたって感じの二人でした。
カノジョは欲しかったのですけど、やっぱり男だったら、美人かかわいい子と付き合いたいですよね。ただ、自分がモテキャラではないことはわかっていましたし、適材適所と言った感じですかね。もっとも、世の中には無理なのに選り好みしすぎちゃって、気づいたらブサイクにも相手にされなくなってしまったような独身男性が多いですから、彼女ができたことは幸せなことだと思うようにしています。
ただ、彼女は不感症に近い感じだったんです。セックスをしていてもイッてしまうのは僕の方だけ。彼女はあまりオルガズムには関心がないみたいで、乳首責めもクリ舐めも、自分の快感のためではなくて、僕が求めるからやらせてあげているという印象でしたね。だから、最初は挿入するのも一苦労でした。彼女も「私、こんなんだから男性と上手くいかなかったんだよね」と自覚しているようで、デカい鼻の穴を膨らませながら言ってました。
そこで、僕ばかりイクのも申し訳ないし、二人で気持ち良くイキたいなと思って、ネットで調べてクリ開発を始めたんです。クリイキができないと言うことは、クリ責めを快感脳が理解していないと言うことなんですよ。だから逆に、クリには直接触れないでじわじわと周りから責めていきます。不感症だからこそ焦らしを使うんですよ。あれ、クリを責めないんだ?と思わせたら勝ち。するとね、時間をかけてようやくクリに触れた時に「あ、やっと触ってくれた」と達成感のようなものが生まれて、快感につながるエンドルフィンが放出されるんです。時間はかかりましたが、今では彼女からクリ責めを望むようになりましたね。
ただ、クリイキする彼女が可愛すぎて、それだけで僕はイッてしまうようになりました。「今度は早漏すぎるあなたのペニ開発しないとね」と彼女に言われています。まあ、最初っから性感も開発されている女性よりも、彼女のような途上女性の方が付き合うには面白いものです。本当はルックスも開発したいのですけどね。
クリオナ
乳首イキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です