テレフォンセックス掲示板

おすすめサイトBEST5
離婚の原因は妻の浮気だった。
結婚記念日にサプライズを演出すべく、妻に内緒で会社を早退してプレゼントを買って帰宅したところ、家には間男がいた。そして妻は男に跨って腰を振っていた。こうして、僕たちは終わった。妻も覚悟はしていたようで、過度な慰謝料も請求せず、僕のもとから去っていった。今頃は、その男にパンツも履かずに抱かれていることなのだろう。
僕は離婚できてせいせいしたと思う反面、寂しさも感じていた。かと言って、すぐに再婚するような相手もいないし、信じていた女に浮気される辛さを体験してしまった以上、しばらくは再婚はいいや、と思っていた。
ただし、寂しさは変わらない。そこでテレフォンセックス掲示板でテレセ相手を探すことにしたのだ。離婚を経験した後となっては、生で女性と付き合ったり突っつきあったりするような関係はまだ当時の僕には早かった。
こうして、ある女性とテレセをする関係になった。話を聞くと、彼女もまた離婚を経験していて「リアルでセックスは当分いいかなー」と言う考えでテレフォンセックス掲示板デビューしたと言うことだった。
いずれ僕たちは、リアルなセックスに復帰することになるだろう。僕も彼女もテレセをしている感じではやっぱりセックスは大好きだ。僕の言葉責めにより電話口の向こうで彼女がなまめかしい声を上げて、それがまた僕の股間を刺激する。お互いにセックスの良さを熟知しているからこそ、テレフォンセックスに想像の泉が流れ込んでさらに盛り上がるのだ。ただ、そのたびに僕は妻とのセックスを思い出して複雑な気持ちになる。
お互いの離婚の傷が癒えるのはいつになることかはわからない。僕の方が早いかも知れないし、彼女の方が早いかも知れない。どちらが先にテレフォンセックス掲示板から卒業することになっても、その日までは彼女とテレセを続けようと僕は思った。
「ああ、いっぱい感じちゃった。でもやっぱり声だけじゃ物足りないね」
彼女の言葉に僕もまた頷いた。その翌日、僕たちは二人そろってテレフォンセックス掲示板から卒業していた。早っ!
出会い系でフェラ
セフレ募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です