援デリ

おすすめサイトBEST5
 中学時代からの友人なのですが、それまでに見たことがない笑顔でした。
やたらと上機嫌。
こんなテンションの彼を見たことがなかったから、驚くばかりでした。

 理由を問いただすと「これから、セフレに会いに行く」と、言い出しました。
脳内にクエスチョンマークが、大量に点灯しました。
彼、22年間恋人作ったことない男。
いきなりセフレと言われても、何だか納得出来なかった自分。
「どういうことか、説明してみろ」
「無料のセフレ掲示板でやりとり成功して、初回支払いで2回目からタダマン女をゲット」
瞬間、援デリという言葉を思い出しました。
「それさ、もしかしたら、素人じゃないかもよ」
「馬鹿言え、素人だよ。欲求不満な人妻だよ」
彼は、頑なに拒否をします。
「どういう条件なんだ?」
「ドタキャン回避のため、初回だけ支払いあり。2回目からはずっとタダマン。初回支払いの金は2回目からのホテル代」
「それ、援デリ業者の鉄板コースだけど」
「そんな業者じゃない。女だよ」
「もしかしてメアドしか交換してなくね?」
「うん」
「無料通話アプリ教えてくれなかったろ」
「うん」
どう考えても、援デリの兆候が見えまくってしまっていました。

 友人に、待ち合わせするのはやめておいた方が良いと言ったけど、彼は相手に会いに行ってしまったのでした。
1時間も経過しないうちにでした。
「セックス出来たよ」
意気揚々と連絡をよこしました。
セックスした割には、時間が短いな。
「もしかして、軽いフェラだけ?」
「そうだけど」
「ゴム付けられて挿入させられた?」
「そうだけど」
「それ、援デリだから」
「そんなわけないよ、2回目からタダマンだよ」
「連絡入れてみな。きっと支払い必要って言われるよ」
しばらくして、また彼からの連絡が。
「支払い必要だって言われた・・・」
その時の、彼の落胆した声が半端ではありませんでした。

 ネットの世界って、成り済ましが簡単。
援デリは、素人の女の子のふりをして客を集めているんですよね。
知識がないと、素人は騙されてしまう世界なんです。
友人、見事に騙されて2万円を支払ってしまったようでした。
パトロン募集
パパ活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です