プチ援募集

おすすめサイトBEST5
ケンちゃんとはプチ援募集で知り合いました。今では1ヶ月に一度会って、会うと必ずご飯食べてからのホテルコースになってお小遣いを貰っています。最初はプチ援募集で知り合ったからケンちゃんが私以外の女とやっても気にしませんでした。
ところが、コロナで私が気持ち的に落ちている時にケンちゃんは優しくしてくれました。さらに私が濃厚接触者になった時も連絡は毎日かけてくれたりと体だけの関係がケンちゃんの優しさも好きになってしまいました。そんなある日、けんちゃんの車の中のゴミ箱に使い終わったゴムの残骸を発見しました。やはり私以外の女とやっているんだなと思いました。悲しかったし、ちゃんと捨てろよと思ったし、こんな車に乗りたくないという気持ちになってしまいました。そして突然車内で泣く私にケンちゃんは動揺してしまいました。私はケンちゃんの彼女でもないのに「他の女と関係もたないで。」と言ってしまいました。その言葉にケンちゃんは車を停めて私にギュッと抱きしめてしまいました。「ごめん。俺最低だな。でもその言葉すごく嬉しかった。お前はお金しか俺のことを見てないかなと思っていたからヤキモチやくかなと思ってわざとゴムをここに捨てた。本当はやってないから安心しろ。それにコロナでお前以外の女とも会ってないから。」その言葉にうるっとしてしまった私にケンちゃんは尽かさず私にキスをしてくれました。「俺と付き合ってください。」私は、はいと返事をしました。
フェラ援
フェラされたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です