勃起クリトリス

おすすめサイトBEST5
出産してから、下半身に違和感があるの。
出産って自然分娩だったのね。それで赤ちゃん生まれてから、母乳で育ててる。
だから、胸は巨大化したよ。旦那もびっくりしてる。
まだ出産してからエッチはしてないんだけど・・・性欲もないし。
だけど、下半身に違和感があって、パンツ履く時とか、ズボン履く時に違和感があるんだよね。
それで、私、ビクビクしながらだけど、自分のその下の方を鏡に映して見てみたの。
そしたら、やっぱり・・・勃起クリトリス状態になってるんだよね。
別に性的に興奮してるわけじゃないの。
なのに、勃起クリトリス状態がキープされている。
包茎チンコが出産を機にズル剥け状態になったことによる、違和感だったのよ。
出産のショックで勃起クリトリスになっちゃって、戻らないとか、そういう症例ある?
まぁ、違和感はあるけど、痛いわけじゃないし、別にどこがどう悪いってわけじゃないんだけど・・・
自分の体じゃないみたいな感覚。
しばらくしたら、また引っ込むのかしら?それとも、このままずっと勃起クリトリスのまま?
出産なんて、初めてだし、こういう話も他の人としないし、母親にだって聞けないし・・・。
もちろん、医者にも恥ずかしくて聞けない。
これと言って弊害がないから、ほっといてもいいんだとは思うけど・・・。
そろそろ旦那がエッチしたがるのね。
勃起クリトリス見たら、びっくりしないかな。自分でも分かるくらいだし、違和感すらある状態なんだから、そりゃ旦那もびっくりするよねぇ?
乳首開発
クリトリス拷問

クリトリス拷問

おすすめサイトBEST5
サークルの合宿の時だったんだけど、罰ゲームがクリトリス拷問みたいになっちゃった時があって。
夜も更けて、ほとんどの子は寝ちゃってたんだけど・・・寝てる女の子をお触りしたりするような男子まで登場しちゃって、なんかカオスって感じだった。
私も、その時はその場にいて、クリトリス拷問に参加してるような流れになっちゃってたんだけど、私がクリトリス拷問を免れたのは私がお酒飲めなかったから。酔ってないから負けないでしょ。
山手線ゲームみたいなことをして、それで負けた人がクリトリス拷問って罰ゲームだったのね。
男子が負けた場合は、ゴムつけた上での射精を強要。それを名前を書いて陳列させて、誰の何回目の射精が一番多かったかって後で検査する、みたいな恥ずかしい罰ゲームだったわけ。
女子のクリトリス拷問も相当恥ずかしいものなんだけど・・・
オナ指示される通りにしなきゃいけないってやつ。
男子からクリトリス拷問直接されるわけじゃない分、まだマシかも知れないけど・・・やっぱり抵抗のある子はイヤだよね。
まぁ、抵抗のある子ばっかりのサークルだったら、こんな罰ゲームは誰も発案しないわけで・・・
ある程度、そういうのに免疫のある子が多かったわけよ。別にヤリサーというわけではなかったんだけど。
一番、これは最悪・・・と思ったのが、クリトリス勃起させたうえで、そのクリトリスを輪ゴムで縛るというやつ。
私は負けないから見てただけだけど、さすがに止めた方がいいのかなと思ったもん。
やってる本人楽しそうだったから止めなかったけど(笑)
乳首責め
スペンス乳腺

チクニー

おすすめサイトBEST5
チクニ―始めたのって中学生の時だったのね。
夏で水泳の授業があってね。着替えてた時に、友達の乳首が水着から浮き上がって勃起してるのが見えて、つい私それをつまんじゃったの。
そしたら、その友達が「何すんの!」ってすごい勢いで私を突き飛ばして・・・。
今思うと、確かにそうすべき理由があったわけだけど。
私の乳首は勃起してなかったから、なんか珍しくて・・・つい触っちゃったけど、いけないことだったと反省したよ。
だけど、その時からなんとなく自分の乳首に興味を持ち始めて・・・勃起したりしなかったりするのはなんでだろうって。
それで色々触ってたら、チクニ―するなって、、、今では乳首イキまでマスターできて、立派なオナニストならぬチクニスト。
中学生のからだから、結構な年数、私はチクニ―してることになるな。
最初の頃は、ただつまんだり撫でたりするだけで、大したことはしてなかったんだけどね。
チクニーするきっかけになったのは、同級生の水着姿だったという話。
今でも、泳ぎに行ったりすると、なんとなく他の人の乳首のところを意識しちゃうのね~。
もともとおっぱい好きなのかも?レズじゃないけど!
で、不思議なんだけど、自分でチクニ―するくらい乳首触るの好きな癖に、彼氏とか男の人から乳首責めされるのか嫌いなんだ。
なんだろ、お前が触るな!みたいな気分になるの。
それで、男の手で気持ち良くなるのが、癪に障るというか・・・クリではそんなことは思わないのに、乳首になると、そんな気がしちゃうんだ。
クリ舐め
乳頭舐め

おすすめサイトBEST5
 42歳、専業主婦の私は、夫と1週間程度、キャンピングカーで旅をしました。
夫は年齢50歳。
年齢のわりに、性欲は旺盛で、このキャンピングカーでの旅行でも、私をエッチな世界に導いてくれました。

 キャンピングカー旅行に出かけたのは、夏の暑い盛り。
夏季休暇を利用して、自由気ままな旅に出かけたのですが、出発前からでした。
「ノーブラにTシャツで、出かけようぜ」
「そんなの恥ずかしいじゃない」
「だから、ドキドキがあるんだろう」
「うん…」
「そうだ、これを付けて」
それは、ベル付きニップルクランプでした。
夫は、優しく乳首責めをして乳首を勃起させ、ニップルクランプを私の乳首に装着。
動くたびに、チリンと音がなっちゃって、本当に誰かに聞かれたらどうしようって心臓バクバク。
車に乗っていても、揺れるものだから鈴がチリンと音を立ててしまうんです。

 休憩所で、飲み物や食べ物を購入して、キャンピングカーの中で食べる時も、彼は乳首責めをしてきます。
「コリコリにしちゃって、エッチな奥さんだ」
「だって、あなたが触るからでしょう…」
「嫌がってないだろ」
「うん」
「変な気分か?」
乳首責めをしながら夫は聞いてきます。
軽く頷く私。
「ちょっと楽しもうか」
キャンピングカーのカーテンを全部閉め、夫は私の上半身を裸にし、乳首に吸いついてきました。
とってもエッチな舌遣いで、乳首を刺激されちゃって、マン汁が溢れ出してしまった私。
それが分かったのかパンツに手を突っ込んできちゃって、クリちゃんも同時に刺激。
「はぁ、いいっ」
とっても自然に声が出始めてしまっていました。
「ほらフェラもやってみるんだ」
「うん」
夫の膨張したオチンチンを、夢中になっておしゃぶりしてしまった私。
ソファで、対面座位の挿入を、私から始めてしまったのでした。
キャンピングカーの中、駐車場にはたくさんの車があり、人がいます。
そんな中で挿入してしまっているシチュエーションに、体が燃え上がってしまっていました。

 このキャンピングカーでの旅も、ずっと彼はエッチを求めてきました。
旅行もとっても楽しかったけど、家の中以外でのエッチも最高でした。
乳首舐め
乳首開発

乳首舐め

おすすめサイトBEST5
 現在25歳、彼女いないオッパイフェチなサラリーマンです。
大きめオッパイの女の子の乳首舐めをしたい願望が、究極的でした。
そこで生まれて初めての、ネトナンにチャレンジしました。

 利用したのは、大手の出会い系サイト。
こちら使ってみたところ、FカップのOL志津香と、ランデブーに成功しました。
ルックス良し、オッパイ良しのOLを連れて、ラブホテルにチェックインでした。
不満な股間は、爆発寸前にまでオッキ。
早速、そのグラマスオッパイをご馳走になることに。
掌で覆いきれない、そんな膨らみが半端じゃない興奮を呼び起こします。
志津香は「会社の中でも、町中でも、よく視線を感じちゃうんですよ」と、言っていました。
当然でしょう、こんなでかくて魅力的なオッパイの持ち主なのですから。
しかも、顔も可愛い。
「思いっきり、乳首舐めしてあげる」
「そんなことされたら、気持ちよくなるよ」
「それじゃ、気がおかしくなるほど舐めて、気持ちよくしてあげるね」
「うん」
とっても従順な志津香は、惜しげもなくそのオッパイを出してくれました。
強烈なボリューム感。
大きめの乳輪。
コリコリした乳首も大きい。
乳首舐めに最適な形をしていました。
片方の乳房をモミモミしながら、片方をおしゃぶり。
う・ま・い!!!
柔らかさや温かさも最高。
乳首のコリコリ感も最強。
志津香の甘い香水の匂いで、心がとろけてしまいそうになっていました。

 たっぷりするぐらいの乳首舐めの後、とろとろオマンコもしっかりと舐め尽くしてやる。
志津香にギンギンチンコをしゃぶらせてやる。
「オチンポ凄く美味しい!オマンコの穴に欲しい」と、お願いされたからには挿入しかありませんでした。

 ネトナンって、美味しい結果を産めるものだってよく分りました。
志津香と、セフレ関係を続けることになりましたが、欲が出ちゃって別のセフレも欲しいと思って、現在募集中です。
チクニー
乳首開発

クリ責め

おすすめサイトBEST5
私はパチンコ中毒です。パチンコしないと気が済まない。1円パチンコもしますが、やはり物足りない。だけど勝つことはほとんどなく負けることが多いこともあって遂には夫の給料日まであと2週間あるのにお金を使い果たしてしまったり、貯金を使ったりしてなんとか生活を送っています。しかし、貯金無くなるとお金を借りたりしています。もちろんこの事は夫は知りません。知ったら離婚される。借金も私が抱えなくてはいけない。どうすればいいか悩んだ末に私は結婚する前には働いていたキャバクラのお客さんに連絡をしてみました。そのお客さんは会社を経営しているお金持ちだったのでお小遣いをもらえないかなと少し期待しながら。
久しぶりの連絡で男性は驚きと食事行こうと誘ってくれました。男性は私は結婚していることを知っているので、旦那が金曜日飲み会で遅くなるのでその日に会うことにしました。そして、私が今パチンコ中毒になっている事を話すとお金を支援してあげようかと言ってくれました。ただし、クリ責めさせてという下心付きでした。彼はクリ責めをして感じる女性の姿を見るのが好きでそれだけやれれば本番はやらなくても良いと言うことなのでお小遣いくれるならと言うことで別の日に男性が昼間仕事を抜けてホテルで会うことにしました。昼間なら夫にバレる事はない安心して会える。
当日、緊張している私に男性はホテルでお酒を勧めました。そして、少し酔った勢いで行為が始まりました。夫とはまた違ったやり方に感じる私。それは次第にパチンコよりもハマろうとしていました。そのおかげか、パチンコしたくなる時な男性とあって行為を楽しむようになりました。その時はもう本番もしています。
クリ責め
クリ剥き

スペンス乳腺

おすすめサイトBEST5
 俺は21歳、某大学に通っています。
彼女なんだけど、セックスがいまひとつ。
相性が悪いとか言うより、あまり乗り気でない。
不感症気味なのかな?と思っていました。
そこで、大好きな彼女と激しいセックスを楽しめるように、アイデアを思いつきました。
そのアイデアが“スペンス乳腺”の開発です。
なんでも、スペンス乳腺の開発をしていくことで、やたらスイッチが入りやすくなる、なんて話を耳にしてしまったからです。
彼女だって快楽を知れば、もっと激しく求めてくれるはず。
そんな期待から、彼女の肉体を開発していくことにしました。

 開発の方法として、オッパイの下の方から脇腹あたりを刺激すればいいという、とても単純なもの。
これなら、全く問題なくできてしまうと思いました。
スペンス乳腺を始めたところ、彼女「ダメ、何だかくすぐったいだけだよ」って、音を上げてしまいました。
「何言ってんの、それを我慢すれば、味わったことがない快楽が君のものになるのだよ!」
大仰にいってみたものの、その日は中止。

 次の機会に、またもスペンス乳腺の開発にチャレンジ。
今度は前回よりも、力を緩めることに。
「あ、これなら、耐えられるかも。そんなにくすぐったくない」と、彼女も納得。
スペンス乳腺は“ほぐす”って、言葉を使うようなんですね。
ほぐれた感が出てきたら、ここが開発された証拠のようです。
時間はかかるかもしれないけど、大好きな彼女と大興奮のパコパコやるために、かなり真面目に、そして気長にやり続けたんです。
結果!

 彼女、以前と変わりました。
ガチで、体を求めてくるようになりました。
「なんか、開発されてから凄く気持ちよくなっちゃって、したい気持ちも強くなってるの」
このセリフを待っていたんです!
そう、最近の彼女、ケモノのようになっています。
すっかりと野生の血が蘇ったのか、フェラの時だってしゃぶり方が全く違う。
まさにバキュームフェラ!
これを、毎回やってくれちゃったりして。
彼女の肉体の反応も半端じゃなくなっちゃって、あんなにオマンコ濡らすなんて、知りませんでした。
クリオナニー
クリ舐め

クリ開発

おすすめサイトBEST5
彼女のクリ開発をしてから、連続イキするようになりましたね。いや、彼女ではなく僕が(笑)
こんなこと言ったら怒られますが、僕たちは世の中のイケメンと美女が次々とデキていって、余りもの同士が仕方なく結ばれたって感じの二人でした。
カノジョは欲しかったのですけど、やっぱり男だったら、美人かかわいい子と付き合いたいですよね。ただ、自分がモテキャラではないことはわかっていましたし、適材適所と言った感じですかね。もっとも、世の中には無理なのに選り好みしすぎちゃって、気づいたらブサイクにも相手にされなくなってしまったような独身男性が多いですから、彼女ができたことは幸せなことだと思うようにしています。
ただ、彼女は不感症に近い感じだったんです。セックスをしていてもイッてしまうのは僕の方だけ。彼女はあまりオルガズムには関心がないみたいで、乳首責めもクリ舐めも、自分の快感のためではなくて、僕が求めるからやらせてあげているという印象でしたね。だから、最初は挿入するのも一苦労でした。彼女も「私、こんなんだから男性と上手くいかなかったんだよね」と自覚しているようで、デカい鼻の穴を膨らませながら言ってました。
そこで、僕ばかりイクのも申し訳ないし、二人で気持ち良くイキたいなと思って、ネットで調べてクリ開発を始めたんです。クリイキができないと言うことは、クリ責めを快感脳が理解していないと言うことなんですよ。だから逆に、クリには直接触れないでじわじわと周りから責めていきます。不感症だからこそ焦らしを使うんですよ。あれ、クリを責めないんだ?と思わせたら勝ち。するとね、時間をかけてようやくクリに触れた時に「あ、やっと触ってくれた」と達成感のようなものが生まれて、快感につながるエンドルフィンが放出されるんです。時間はかかりましたが、今では彼女からクリ責めを望むようになりましたね。
ただ、クリイキする彼女が可愛すぎて、それだけで僕はイッてしまうようになりました。「今度は早漏すぎるあなたのペニ開発しないとね」と彼女に言われています。まあ、最初っから性感も開発されている女性よりも、彼女のような途上女性の方が付き合うには面白いものです。本当はルックスも開発したいのですけどね。
クリオナ
乳首イキ

彼氏できない

おすすめサイトBEST5
友達と一緒に合コンを開きました。4対4で合コンはすごく楽しく、その中の1人はかなりのぶりっ子でした。「私、見た目そこまで悪くないのに今まで彼氏できないの。どうやったらできるのかな。」ジェスチャー付きでアピールする彼女の名前は真理子。正直、一番のタイプではないし他の女性陣が呆れているくらいなので関わりたくないなと思いました。
しかし、真理子は自ら席替えタイムと言って私の隣に座って来ました。そして、私の手を繋ぎ耳元で「彼氏できない女は引きますか。まだ、バージンなんだ私。」と、小さい声で話してきましたが私は「そうなんだ。」くらいしか言えませんでした。その後もやたら私にお酒を進める真理子。早く離れて欲しいと言う気持ちでどんどん飲んでしまい、合コンが終わる頃にはかなり酔ってしまいました。
すると、そんな私を見て真理子は「心配だから一緒に着いて行きます。」断っても真理子は拒否をされ、周りの友達に助けをアピールしても他の女性に夢中なのか相手にしてくれません。仕方なく家に向かうと今度は「電車がないから泊めて下さい。」と、言って来たのでタクシー代あげる帰れと言っても、もう疲れたから嫌と言われてしまい結局家まで上がって来ました。
私はソファーで寝るからベットを使ってと言って私はすぐに寝ました。
朝起きると彼女が隣。しかも裸。「昨日はすごく盛り上がりましたね。」と言う彼女だけど、やった証がないから彼女は嘘をついているとすぐ気づきました。何故ならティッシュが近くにあってもごみ箱は空。いい加減にキレた私は真理子に服を着させてもう来るなと追い出しました。最悪な女と出会ったなと思います。
車内フェラ
車内フェラ

フェラ援

おすすめサイトBEST5
20歳の頃、彼氏の兄貴にフェラ援しないと誘われました。したらお小遣いをあげるからと言われました。その時の私は家にあまり帰っていないし、お金は欲しかったのでフェラ援しました。だけど、結局彼氏に見つかり彼氏とは別れその後彼氏の兄貴はどうなったかは分からなくて3年が経ちました。
3年後、私は一人暮らしを始めて仕事をするようになりました。そんなある日、ガスの調子が悪くガス屋に電話をするとあの兄貴が来ました。まさかこんなところで再会するとは思ってもいなかったのでとても驚きました。とりあえず仕事を始める彼に私は元彼との関係について尋ねました。「弟とはあれから絶縁されて、俺は家を出たからどうなったか知らない。お前は今どうなんだ。ちゃんと生活をしているのか。」「お金の援助がなくてもちゃんと仕事をしているからなんとかなってるよ。今日、職場のおばちゃんから野菜貰ったから鍋にしようと思っていたけれど一緒に食べる。」「仕事が終わったら行く。」こうして夜再び彼が家にやってきて一緒にご飯を食べました。一緒にご飯を食べながら思い出しました。私は彼の事をお金として会っていたわけではなく気を遣わないで楽に過ごせる彼に居心地が良かったことを。それから彼とはまた連絡を取り合うようになり、また夕飯を一緒に食べるようになりました。そして、お金のやりとりなしで彼とエッチをしたりして、だんだん一緒にいるのが当たり前になり私達は付き合うようになりました。
フェラ友
車内清掃