オナ指示

おすすめサイトBEST5
間宮さんとはいい感じに出会い系サイトで知り合って、近隣であることも手伝い月に数回はセックスする仲になった。僕より5つ年上で、すらりと背も高くて普段はシルバーフレームのメガネで本性を隠しているキャリアウーマン風のお姉さんである。体質的なものか、細身を通り越してちょっと痩せすぎかな?と思うくらい肉感はない。ややきつめの目つきも伴って、プライベートでは全く出会いはないと言うことだった。
間宮さんは意外に話も面白いし、何よりもブサメンな僕に対して見かけとは裏腹に甘えてくるような仕草を取ってくれることもあり、僕にとってはいいセフレなのだ。ただ、何回かセックスをする内に、間宮さんがやたら受け身であることに気づいた。きちんと感じてくれているのでマグロではない。でも、何と言うかまるでダッチワイフを抱いているような感覚に襲われることがあった。きっと、間宮さんに特定のカレシがいないのは、反応の薄い彼女に男たちが物足りなさを感じたに違いない。
「自分からどう動いていいかわからなくて」と間宮さんは言った。相手がどうしたら喜んでくれるか考えているうちに体が動かなくなってしまうと言うことだった。
間宮さんは指示がなければ動けない指示待ち人間ではないと思う。ただ、相手の様子や反応を伺いすぎて行動を躊躇する癖がついてしまっているのだ。間宮さんの痩せすぎな体はきっと神経の使い過ぎからだ。だったら、きちんと指示をしてあげて彼女を救ってみたかった。
そこで僕は一計を案じた。間宮さんの行動を全て指示してみようかと提案した。僕の提案に間宮さんはちょっと驚いていたが、試しにやってみると合意してくれた。
そして、食事やデートの時はもちろん、風呂やトイレに一緒に入って股間の拭き方まで指示し、ベッドの上では足を開かせてオナ指示をした。我ながら変態チックだな、と思ったのだが、これが当たりだったのだ。間宮さんの本質はマゾヒストだったのである。「乳首をつまんでクリクリしながら僕の目を見なさい」と言うだけで、間宮さんは言う通りにするばかりか、その目は完全に陶酔しきっていたのだ。
その陶酔は、おそらく相手の欲求に応えることができている自分へのものだ。僕の指示に間宮さんは充実感にあふれているに違いない。そんなかわいい間宮さんに対して、僕が次に出す指示は「その優しさを僕にだけ向けなさい」に決まっている。
エロチャット
オナニー鑑賞

テレクラ

おすすめサイトBEST5
テレクラに電話かけたら、合コンしない?って言われた・・・。
は?って思ったんだけど、話を聞いてるとどうもこういうことらしいの。
会社の先輩に合コンセッティングを命じられたけど、自分には合コンに付き合ってくれる女友達がいない。
なんとかして、期限までに先輩が求めるような女性たちと知り合わなきゃいけない。
それで、合コンのセッティングまでしなきゃいけない。
ノリが良くて、合コン慣れしてる女の子とどこで知り合えばいいんだ・・・あ、テレクラ!という発想だったみたい。
話聞いてたら、なんか可哀想になってきちゃってさ。
私、一応大学生なんだけど、色んな合コンあるから、そのつながりで合コンって誘えば来てくれそうな人、何人か知ってる。
結構、高そうなところに連れて行ってくれて、全部向こうの奢りだっていうから、悪い話じゃないなって思った。
だけど、合コンって話なのに、実は乱交・・・とかその先輩が横暴とか・・・怖い状況になる可能性ってゼロじゃないでしょ?
テレクラなんかで知り合った男を信用して、友達を危険な目に合わせることになったら、申し訳が立たないし・・・
それで、まぁ、話だけ聞く分ならってことで、その人と会うことになったのよ。
危険がないってことなら、何人か合コンってことで女の子を集めてあげてもいいよって。
話を聞いてたら・・・その人、弁護士さんだったんだよね!
なんか弁護士の先輩から「合コンセッティングしろ!変な女を呼んだら減点!」とか言われて、冗談半分だろうけど、脅されてるんだって。
弁護士も色々大変なんだなと思った(笑)
パパ活アプリ
愛人募集掲示板

困った時に助けてくれる人

おすすめサイトBEST5
1人暮らしのマンションに、泥棒が入って、家の中に置いていた100万円近い現金を盗まれました。40代で一人暮らし。いままで真面目に働いてきて、どうしてこんな目にあうのかと途方にくれました。その100万円は支払いにつかうために、銀行からおろしていたもので、すぐに何とかしないといけない。さらに貯金を下ろして何とかしましたが、預金通帳からごっそりお金がへってしまい、とたんに不安に駆られるようになりました。
そんなことを仕事で知り合った男性に話してしまいました。相手は、50代の小さな会社を経営する社長さん。どうして、そんなことを話してしまったのかいまでもわからない。助けてもらいたいなんて、これっぼっちも思っていなかった。
しばらくして、盗まれた額を補填してあげるといわれました。それがどういう意味かは、わたしでもすぐにわかりました。最初は丁重にお断りしましたが、不安で眠れない日が続いてとうとう体調を崩してしまいました。
仕事を休んでいると聞いて、社長さんが電話をくれました。そんな電話をかけてくれる人は彼だけでした。彼は、自分が変な申し出をしたから、そのショックで休んでるのではと思ったようです。
わたしは、申し出を受けることにしました。不安に駆られるよりは、ましだと思ってしまったんです。彼は、わたしの部屋にやってくる唯一の男性となり、ときどき泊っていくようになりました。付き合ってみると、やさしいし、ベッドではいままで経験したことのないような感覚を教えてらいました。デートにでかけて楽しく過ごすこともあります。
彼はいま困った時に助けてくれる人です。返さなくてもいいお金をわたしに与えてくれます。定期的なお手当というのはないのですが、わたしがお願いすると、もってきてくれます。家庭のある人と付き合うなんて、考えられないことでしたが、いまでは、ついつい甘えてしまいます。その分、化粧品や洋服など、おしゃれにもいままで以上に気を遣うようになり、お誘いが増えました。困った時に助けてくれる人が、もう1人増えるかもしれないです(笑)。

お金くれるパパ
お金くれる人

お金がない時はどうする

おすすめサイトBEST5
私としてはお金がない時はどうするのかというと出会い系を使ってサポートをしてくれる人を探します。

そういう時には個人的にはやっぱり性格が良い人を探したいと思いますので結構いろんなところを注意してみています。

様々なサイトがありますが、やはり男の人は基本的には性欲が強いようです。

そういう人に騙されないようにしないといけないと思いましたので男の人から積極的にメッセージが来る時には注意が必要です。

私としては今回のパパに関しては間違いなく文句なしと言えるようなお金持ちでした。

まず車を数台持っていて、どれもベンツです。
個人的には乗り心地なんて分からなかった車でしたので正直とても興奮しちゃいました。

安心して時間が使えるようにと気を使ってくれる余裕も持ってくれていますので安心していろんな体験をさせてもらえたと思います。

例えば会員制のバーなんていうところは芸能人が普通にいましたので衝撃的でしたし、そういう人と顔なじみだったことが私の人生では到底味わえないような高揚感を与えてくれる要素になりました。

正直今回の人は会社を経営しながら自分自身の時間を使っているような、余裕のある人でしたので話をしていてもとにかく楽しくて幸せだったんです。

立ち振る舞いは普通の男性とは違ってとにかくスマート。

こちらがどのようなことをしたら喜ぶのかを理解して自然にしてくれますので衝撃的な存在です。

私としてはいろんな人と出会ってきましたが、お金持ちで性格の良いという人は出会えたことがありませんでした。

お金がない時はどうするかを色々と考えた結果、彼と出会えたので本当に幸せだと私としては思っていますね。

まだまだこれからも会っていきます。

愛人募集掲示板
パパ契約

パトロン契約

おすすめサイトBEST5
子供のころ、水商売が舞台のドラマを見ていて、頻繁にパトロンと言う言葉が飛び交っていたことを覚えている。
まだ、パトロンの意味も理解できない年ごろだったのだが、言葉の響きの良さから、意味もなく「パトロンパトロン」と口ずさんでいたものだ。
そして、僕も大人になって、男女の営みのからくりを知り、芋づる式に水商売やパトロンの本当の意味を理解していった。
僕が見ていたそのドラマも、小さなバーのママがパトロンを得て水商売の世界で成り上がっていくという内容だったのだなあ、と今となってはわかる。
僕の中では、いじめに耐えつつ、パトロンとの禁断の愛に身を焦がしつつ、自分の夢を成就させていくバーのママの献身ぶりが印象的だった。
いつか自分も、頑張る女性を陰からそっと見守るようなパトロンのようなダンディズム溢れる男になりたいものだなあ、と思ったものだ。
時は流れて、自分もある程度出世して、行きつけのバーなどができるようになった。不幸なのか幸いなのか婚期も逃した独身貴族だ。
・・・あれ?俺、いつの間にかパトロンができるトシになってるんじゃ?と、水割りを傾けながら気づく。
僕の言葉を耳に止めた僕より一回り年下であるカウンターレディのツキちゃんが「じゃあ、私とパトロン契約して、自分の店を持たせてくださいよ」と、ママに聞こえないように言ってくる。
僕は、そのツキちゃんが気に入って店に通っていることもあって、それも悪くないなと考えた。
ツキちゃんとパトロン契約をして、お金を渡して彼女を抱く。
彼女は、僕への思いに気付き、パトロンと恋愛の狭間に葛藤しながら、援助を元手に「クラブ月子」をオープンさせる。
昼の名前はツキコ、夜の名前は月子。そんな私はぬかるみの女。
開店の日、にぎやかな店内で彼女は僕の姿を求める。しかし、もう僕はそこにはいない。彼女は花輪の間に挟まれた一枚の手紙に気付く。
「君はもう一人でやっていける。僕の援助はいらない。君は自分の力で夢を叶えたんだ」
そのまま地面に泣き崩れる月子。その姿を僕は電柱の陰からそっと見守っていた。「頑張れよ」と心の中でエールを送りながら。
・・・あれ、このシナリオだと、俺、表舞台から退場してるじゃん!?
「ま、自分の店を持ったら、放漫経営でつぶす自信あるなあ。お客さんよりお酒飲んじゃったりしてさ」
ツキちゃんがスコッチのハーフロックを作ってくれながら言った。
彼女とはパトロン契約ではなくて、パパ契約あたりが妥当なのかな、とツキちゃんにスコッチをおごって一緒に笑った。
お金が欲しい
お金くれるパパ

お金くれるパパ

おすすめサイトBEST5
「チャンスアーップ!」と、僕の前で食事をしていた彼女は高らかに宣言した。
な、何だろう・・・と思っていると、彼女はシステムを説明してくれた。
「3回援助をしてくれたら、3回目に私の処女をもらえるチャンスをパパは獲得しました!」
この子は何を言っているのだろう、と思った。
彼女は、お金くれるパパを探していた女の子で、僕とはセックス無しデートだけで契約した。もちろん、セックスはしたかったが、それ以上にプロフィール写真が僕の好みにストライクでとにかくデートだけでもしてみたい、と思ったのだ。
と言うか、処女なの?と聞くと、彼女は照れることなく頷いた。
「私が気に入った人へのプレゼント用に処女は取ってあるんだよ」
これまでも別の男とデート援はしていたそうで、イマイチしっくりくる相手がいなくて、どんなに口説かれても処女は守ってきていたそうだ。
そんな彼女に僕は気に入られたらしい。僕の何がよかったのかは分からないが、確かに僕を見る目がキラキラしている。
処女とはちょっと意外だったが、こんなかわいい子とセックスできるのならば僕に異存はない。偶然得られたチャンスアップの特典をものにしようと思った。
1回目はキスをさせてくれた。さすがに舌を入れないお子様キスだったが、それでも予想外のご褒美の僕は満足した。
2回目はホテルでペッティングまで行った。お互いに下着をつけたままのハグ程度ではあったが、彼女の柔らかいおっぱいのもみ心地は最高だった。
そして、運命の3回目である。ついに今日は彼女の処女をもらえる。そう考えると、その日の仕事が手につかないくらい、僕は職場で勃起しまくりだった。
しかし、彼女と3回目を迎えることはなかった。彼女の方からキャンセルしてきたのだ。
僕はチャンスアップの権利を手にしながら、ものにできなかったのである。
結局のところ、処女を売りにしてお金くれるパパとの契約を引き延ばすための彼女なりの作戦だったのかな、と今となっては思う。
セフレの作り方
セクロス

クリ責め

おすすめサイトBEST5
クリ責め、前の彼女がけっこううるさいタイプの女で、「こうしてほしい」とか「それは気持ちよくない」とかはっきり指図する女だったんだよね。
で、俺のクリ責めの技もその女ベースのに組み立てられているわけ。
女ってどういう風にしたら気持ちいいとか伝えてくれない子が多いじゃん。
だから、前カノデータベースでこんな感じかなってやってるんだけどね。
まぁ、その前カノにはなんだかんだ感謝してるよ。
クリ責めについては、ちょっと自信あるし。
たいていの女がどういうのが好きかってことが分かってれば、「こういうのがいいんでしょ?」なんてやってあげられるしね。
俺が今、女に対して卑屈にならないで積極的になれるのってもしかしたら前カノのおかげかもしれない(笑)
前カノとも、別に嫌いになったとか、ケンカしたから別れたんじゃないし。
向こうが海外に留学したいって言い出して、それでお互いリセットしましょうという感じで別れたのね。
今でも時々メールのやり取りはあるよ。
向こうも海外の学校に行って、そのままそこで就職して、今はそこで彼氏もできて、楽しくやってるみたい。
クリ責めのことだけじゃなくて、何でもはっきり言うタイプの女だったから、付き合いやすかったよね。
だから日本の風土には合わなかったのかもな。
俺も、その前カノが初めてのちゃんと付き合った相手だからさ、色々教えてもらったし、それがあったから、今の俺があるんだと思う。
俺、イケメンじゃないけど、そこそこ女に不自由してないのは、前カノのおかげじゃないかな。
割り切りの相場
タダマン

タダマン

おすすめサイトBEST5
タダマンといえば、私の中学生の時の同級生の女だな。
当時からちょっと精神的に不安定な子だったの。急に泣き出したり、怒りだしたり。けろっと笑いだして上機嫌になったり。
それで、だんだんと周りの人たちも「あの子は変」って認識して、相手にしなくなった。
高校は別だったし、その子、そんなんでも頭良かったから、結構進学校に入ってて、顔を合わせることもなかったの。
だけど、彼女の奇行は相変わらずだったみたいで、割と噂になることも多かったな。
で、その噂の一つがタダマン。
誘えば誰でもってやつ。割り切りしてるとか、援交してるとか、そういう噂もあったよ。
同じ中学の時の子たちは「あの子ならやりかねない」ってみんな思ってたよ。
やっぱり、情緒が不安定って子は何かしらあるんだよね。
普通と違うところがあるから、そうなるんだと思う。
タダマンっていうのも、もしかしたらそういう疎外感を感じてて、それで誰かとつながっていたいという気持ちが強すぎたからの反動ってことも考えられると思うんだ。
そのタダマンの子さ、別に普通の家の子なんだよ。
お母さんも優しそうで、子どもの頃、遊びに行ったことあるんだけど、お母さんが手作りのドーナツ作ってくれたんだよね。
ああいうあったかそうな家庭にいるのに、情緒不安定で奇行が目立つ。。。なんてよっぽど何か実は問題があるのかなって気がする。
別に興味はないんだけどね。タダマンとか男にだらしない女って、どこかしら自立してない人が多いし、そういうのに関わるとろくなことにならない気がする。
パトロンの意味
困った時に助けてくれる人

お金の無償支援

おすすめサイトBEST5
別れた旦那が、お金の無償支援してくれるって言うんだけど、善意のつもりなのかなぁ。
離婚した時、別に浮気とかそういうことじゃなくて、旦那の仕事が地方になって、向こうは私に仕事辞めてついてきてくれって言うし、私は私で仕事辞めたくなかったから・・・
必然的に離婚して別れることになったのね。
それで結構ケンカもしたし、お互いの嫌なところとか見せ合って、もうこの人とは一緒にやっていけないってところまでお互いを追い詰めちゃったんだよね。
子どももいないし、お互い合意の上ってことで、慰謝料とかそういうのは一切なしで別れたわけ。
それはそれでよかったんだけど、別れた後、うちの母がちょっと具合悪くなってさ。
それで、仕事休まなきゃいけなかったりすることが多くなって、任されてた仕事から外されちゃってさ。
お給料も減っちゃって、また病院代とか入院費とかかかって、もう踏んだり蹴ったりで。
そういう話を友達に愚痴ったんだけど、その友達が元旦那に逐一報告してたんだよね・・・。
それで、いきなり、元旦那が訪ねて来て、お金の無償支援してやろうかなんて言いに来てさ。
私が今大変な思いしてるの知っててのこのこ来たんだよね。
泣いて縋り付いてくるとでも期待してたのかも。
私もちらっと、こんなことになるなら、仕事辞めて地方についていけばよかったって思ったよ?
弱気になってる時って、そういうこと考えちゃったりするじゃん!
だけど、今更遅いの分かってるし、それに「お金の無償支援してやる」なんて得意顔してくる元旦那もんかイヤラシイよね・・・。
デート援
お金くれるパパ

支援してくれる人

おすすめサイトBEST5
人って支援してくれる人がいないと何もできないじゃない?
例えば、夫婦だって、お互い支援しあうという関係で成り立ってると思うね。
1人で限界まで来ると、そういう支援してくれる人の存在って、すごく貴重だなと感じるの。
私、友達は多いんだけど、まだ独身。周りはみんな結婚してる。
今までウラヤマシイなんて全然思わなかったけど、仕事で凹むことがあってさ。
そういう時に、愚痴聞いてくれて、「頑張ってるよ」って認めてくれる人がいてくれたらって思いながら、一人で泣いちゃった。
支援してくれる人、いつも味方になってくれる人・・・。そういう存在を求めてということならば、結婚するべきだったのかなって今になって思うの。
今までは、友達と時々会ったり、同僚と飲みに行ったり、その程度でストレスって解消できてたの。
寂しいとかむなしいなんて気持ち、感じたことなかった。
だけど、この歳になって、今まで頑張ってた仕事で報われない思いをすると、途端にこんなに凹んじゃって。
後がないって感じ。ふっと振り返ったら、誰もいなかった、みたいな・・・。
こういう気持ち、結婚してたら感じなくて済んだのかな。
支援してくれる人がいれば、慰めてもらえたのかな。
私、疲れてるんだと思うの。ふっと気を抜くと、涙が出そうになるの。
頑張ってるのわかってるよって一言、誰かから言ってもらいたいだけなのね。
だけど、私、一人だし、誰も私のことなんか見てないって気づいたら、本当にこの先どう生きていけばいいか分からなくなっちゃった。
デート援
デート援